名医にインプラント手術を行なってもらい安全に歯を取り戻そう。

手術方法

医師二人と患者

超高齢化社会の到来に向けて、医療福祉系大学や専門学校への進学を目指す高校生が増えています。
高齢者の増加により、生産性を追い求めるような産業の発展は困難になりつつある一方で医療福祉分野には幅広い人材を集める必要性が高まっています。
特に、介護分野では人手不足になることが確実視されています。
しかし、医療や介護分野というのは、直接人に触れることが多く、なおかつ人の命を預かる責任の仕事でもあります。
その重い責任を背負うに値する高いモチベーションと意欲を維持し続けること、そして何よりも根本的に人と接することが好きであるという必要があります。
また、様々な試練を抱えた対象者を支えるための業務に従事し続けることが可能な忍耐力や体力を兼ね備えていることも絶対条件となります。

医療や介護というと、一般的に思い浮かぶものは介護福祉士や理学療法士といった職業が多くなります。
しかし、最近注目を集めているのが言語聴覚士や歯科衛生士です。
何らかの疾患によって、食べ物を口から取り込んだり飲み込んだりすることが出来なくなる高齢者が増加しています。
言語聴覚士は、言語や聴覚に関わるのはもちろんのこと、この嚥下の分野での活躍が目立つようになりました。
食べ物を飲み込むことが出来なくなってしまった対象者に対して、再び口から食事を食べられるように訓練するのです。
これには神経内科医や歯科医による治療及び歯科衛生士による口腔環境のチェックや管理が治療が必要です。
これらの専門職が共同で人間にとって根源的な欲求である口から食べるということを可能にしていくのです。