ボトックス副作用のメリットデメリット|知識を蓄えるのが吉

女の人
  1. ホーム
  2. 美容の知識の大切さ

美容の知識の大切さ

ウーマン

良い面も悪い面も知ろう

ボトックスは、ボツリヌス菌毒素から精製した薬剤で筋肉を麻痺させる作用があります。毒といっても身体に有害なものではなく、近年はその特性を生かし美容整形外科の分野で幅広く使用されています。ボトックスを目尻や額のしわの気になる部分に注射すると、皮膚に張りがでてしわが消え若々しく見えるようになったりします。エラのでている部分に注射すると、徐々に張りが小さくなってシャープなフェイスラインにすることができるのです。施術は注射1本で行われ、痛みもダウンタイムも少ないので気軽にできるプチ整形として前世代の女性達から人気を博しています。しかしあくまでも薬剤を身体の中に入れるプチ整形なので、心配なのが副作用についてです。ボトックス注射によるもっとも多い副作用が、間違った投与量による筋弛緩です。あまりにも薬が効きすぎると、目尻に注射した場合目が閉じにくくなったり、額に注射した場合は眉毛の位置が下がったりすることがあるようです。いずれにしても薬の効果が弱まるとともに回復します。これらは確かに副作用でもありますが、重篤なものではなく失敗の範囲内ともいえるのではないでしょうか。しかしながら大事な顔に関することですので、副作用も失敗もないように事前のカウンセリングが大切になってきます。そもそもボトックス注射は比較的副作用の少ない安全な施術です。しかし副作用の可能性がゼロではない以上、慎重になる必要があります。特に初めてボトックスを注射する際は、効果のほどよりも投与量の見極めを重視した方が良いでしょう。部位や症状によって医学的な適量は決まっていますが、それでも薬の効きには個人差があります。初回から徐々に回数を重ねてその人に合った投与量を微調整するのが好ましいです。また、医師の経験数や技術力も副作用の有無に直接関わってくるものです。投与量に関しても、経験や知識の豊富な医師ほど柔軟に対応してくれるはずです。副作用に関する心配や不安についてきちんと相談にのってくれる、信頼のおけるクリニックを探してみてください。すべてのプチ整形にいえることですが、事前のカウンセリングが非常に大切です。納得のいくまで説明してもらい、安心してから施術を受けるようにしましょう。そもそもボトックス注射は、持続的な効果を得るために定期的な施術が必要になるものなので、医師との相性や意思疎通は大切なポイントです。しかし、万が一副作用がでてしまっても、薬の効きすぎによるものなら時間の経過とともに回復するので過度に心配する必要はありません。すぐに医師に相談しアドバイスを求めてください。